2018-04-02

お子さん連れにもおすすめ!奈良公園へお弁当持ってお花見はいかがですか? →敷物は必須!準備も一緒にしましょう。

ご無沙汰しておりました。

ならまちnakamuraya@猿沢池から徒歩3分のイタリア料理店です。

 

さて、今年は寒い冬から一気に暖かくなり、そこから更に暑いぐらいの天候が続いたことで桜が一斉に開花していますね。

 

今まさに見頃を迎えた桜を愛でようとお花見に行かれる方がピークの時期でしょう。

 

もしまだお花見をされていないのでしたら、奈良公園にピクニックがてら来られるのはいかがですか?

 

春日野園地辺りはたくさんの桜があり、いつもお花見客で賑わっていますよ。火器厳禁ですので、お弁当一式を持参されるのをおすすめいたします。

 

なお、当店ではテイクアウトも承っておりますので気兼ねなくお問い合わせ(0742-93-6577)ください。

 


準備物の確認!


では、楽しくお花見をするべく、お弁当を持参の際の確認をしてみましょう。特にお子さんと一緒に来られる場合は事前準備が大事!

 

おすすめの春日野園地辺りはお店が近くにないので、少し荷物になりますが持参していくのが吉です。

 

では、見ていきましょう。

 

・敷物

(奈良公園と言えば、鹿。それはつまり、鹿のフンだらけなのです。何を忘れても、これだけは必ず持っていきましょう!)

 

・お弁当

(奈良公園の手前で売っているとこらはたくさんあります)

 

・デザート orフルーツ

(あるとほっこりしますよね)

 

・飲み物

(自販機も近くにはないです。個人的にはホットコーヒーを保温式水筒で持参したら大正解でした)

 

・日除け

(意外に気を向けないのが、日射し対策。しかし、日陰がないので、長い時間遊ぶとなると結構日射しでしんどくなります。せめて日除けの傘1本あるだけでも全然違うので、検討してみてください)

 

・濡れタオルor濡れふきん

(「濡れ」というのがポイント。お弁当を食べると結構汚れてしまいます。あるとストレスがかなり減ります。お子さんがいるなら2枚以上がベター)

 

・ゴミ袋

(原則持ち帰りなので、大きめの袋がベターです。帰りの際に荷物とゴミを分けておくと、後々の処理もスムーズですよ)

 

・着替え&替えのオムツを多めに

(これはお子さん連れの方ですね。トイレはありますが、場所によっては遠いので間に合わない可能性あり。念には念を入れて。)

 

以上、ザッと挙げてみました。

 

荷物は多くなりそうですが、イザという時に慌てたり、ストレスにならず、ゆっくり楽しんでもらえればと思います。

 

ならまちnakamuraya

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です